世界裏戦略ニュース
新時代に向けた世界の裏戦略に関する情報を提供するサイト。世界が一極支配構造から多極支配構造にシフトする今、一般国民が触れない国家情報に、人脈やメディアから収集した政治経済情報を加え、独自の視点で分析。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダライラマ14世とワンワールド
ダライラマ14世とワンワールド


ダライラマ14世の仏教思想は欧米の富裕層の中で支持を広げ、現在もっともホットな仏教となっているが、彼の思想の特徴として挙げられるのもワンワールドという思想である。地球に住むものは皆家族であり、一つであるため、全ての生きとし生けるものに愛を持ち、殺さず、憐れむ心を持つことで世界が平和になるというものであり、一神教ではなく多神教である。


しかしながら、ダライラマ14世の欧米における人気は高く、映画化もされている。欧米人にダライラマ14世が人気がある理由として、ダライラマ14世の仏教思想が他の流派と異なり存在・認識に対する論理的思考能力と論争による智恵の獲得を重要視しているためとする説があるが、それだけではないだろう。


Bush_Dalai_Lama_convert_20080327015024.jpg

出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/03/20 11:13)
つまり、世界支配機関とダライラマ14世の間に世俗的な利害関係の一致が見られるということである。


近年、ミャンマー、チベット、そしてブータンで様々な事件が起こっているが、いずれも東アジア地域であり、中国との国境近くでの出来事であるとともに、どの国も仏教が盛んな点で共通している。


CIA_convert_20080327015147.jpg



東アジア地域においてもCIA等の諜報機関が活発に活動しており、、ダライラマ14世とCIA等の諜報機関の連携プレーにより、東アジア地域の政情不安が起こっているのは明白であり、その目的は世界の多極化であると思われる。



隣国の騒動によって中国を刺激しつつ、インドの軍事力強化を目論み、米ロが軍事的協調路線を歩むことにより、中国が以前から目論んでいる南下政策の推進を促すとともに、ロシアが西方への覇権を目指し、米国の経済破綻国家によりモンロー主義を復活させることで、世界のパワーバランスを大きく変え、世界の多極化を迎えることにより、成熟した経済をさらに活性化することが出来るのである


Asia1920Relief_convert_20080327015001.jpg

http://hiki.trpg.net/BlueRose/?Asia-Continetal

一方ダライラマ14世は、今回の騒動を利用することにより、 チベット民族の存続を脅かす中国人のチベット入植を禁止やチベットと中国の関係とチベットの未来のあり方についての真剣な議論の実現といった行動を取れやすくなるものと思われるが、中国は「どさくさに紛れて他国を侵略すること」が巧いことも留意しておく必要があると思われる。


◎ジャンル別の人気サイトがすぐに見つかる人気サイトランキング◎
「世界裏戦略ニュース」の順位をチェックしよう!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urasenryaku.blog47.fc2.com/tb.php/18-e0a7af12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。