世界裏戦略ニュース
新時代に向けた世界の裏戦略に関する情報を提供するサイト。世界が一極支配構造から多極支配構造にシフトする今、一般国民が触れない国家情報に、人脈やメディアから収集した政治経済情報を加え、独自の視点で分析。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各国の雇用創出策
各国の雇用創出策

雇用の創出・維持は依然として重要な要素ですが米国においては、研究開発等の知識主導型のプロジェクトの誘致を積極的に推進しており、IT、ライフサイエンス等の先端的な研究開発を行う起業家を対象に、多様な支援をパッケージとして提供する、グローバル・アントレプレナー・プログラム(GEP)が設けられています。内容は、起業や市場に精通した専門家による支援、研究開発に対する補助金、中小企業に対する債務保証等です。

補助金は、2000 年、2001 年の2 年間で、581 件、5,220 万ドルが交付され、債務保証は、累計で71,000件、45 億ドルに上っていいます。


フランスでは、対仏投資庁(AFII)により、研究開発施設やソフトウェア産業、バイオテクノロジー等の付加価値の高いプロジェクトの誘致が進められており、産官学の連携を促す産業クラスターの形成が重視されているところです。


研究開発の税額控除や資金調達支援等の優遇措置があるほか、経済活性化を必要とする国土整備優先地域に立地する企業に対しては、国土整備助成金(PAT)が支給される等の制度があります。


ドイツでは、2007 年5 月、国の企業誘致促進機関として、インヴェスト・イン・ジャーマニー(IiG) 32が発足し、ハイテク企業の誘致を積極的に進めています。


重点分野は、太陽光発電等の再生可能エネルギー・資源産業、自動車部品を中心とした機械・電子産業、医療機器等のヘルスケア産業、IT・物流等のサービス産業の4 つのようです。


特に、インフラの整備が進む旧東独地域では、中小企業に対する補助金が手厚いようです。2007 年3 月、フランスのAFII とドイツのIiG は、共同で、報告書「欧州魅力度スコアボード(EAS)」を発表した。EU、米国、日本、中国等を比較し、市場の成長幅、法人税、賃金等について、EU が優位にあると強調し、EU への積極的な投資を訴えています。

◎ジャンル別の人気サイトがすぐに見つかる人気サイトランキング◎
「世界裏戦略ニュース」の順位をチェックしよう!

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urasenryaku.blog47.fc2.com/tb.php/39-36208755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。