世界裏戦略ニュース
新時代に向けた世界の裏戦略に関する情報を提供するサイト。世界が一極支配構造から多極支配構造にシフトする今、一般国民が触れない国家情報に、人脈やメディアから収集した政治経済情報を加え、独自の視点で分析。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 世界的な穀物価格の高騰
1 世界的な穀物価格の高騰

(1) 小麦
今回の穀物高騰の契機となったのは、2006年9月に、小麦の輸出量が世界第2位であるオーストラリアで干ばつが深刻化したことだと思われます。小麦の収穫が減少するとの観測から、国際価格であるシカゴ商品取引所の小麦相場は急騰し、2006年10月16日に、1ブッシェル(小麦の場合、約27.2155キログラム)2=542.50セントに達し、10年振りの高値となりました。


その後は、米国における増産見込みから、一旦やや下落したが、天候不順(米国・欧州)や干ばつ(ウクライナ・オーストラリア)による減産の懸念と旺盛な需要から、小麦価格は2007年4月以降再び騰勢に転じ、6月以降急騰しました。
2007年末以降、米国の2008年産冬小麦の作柄悪化懸念や、作付面積の増加が市場見込みを下回ったこと、また、新興国の輸入増等による需給の引き締まりを受けて、小麦価格は更に高騰し、2008年2月27日には、1ブッシェル=1280.00セントとなり、史上最高値を更新しました。

(2) トウモロコシ
2005年11月には、1ブッシェル(トウモロコシの場合、約25.4キログラム)=200セントの水準を下回り、低迷していたトウモロコシの国際価格(シカゴ商品取引所のコーン相場)は、バイオエタノール向けを中心とする需要増加を背景として、2005年末から上昇に転じました。2006年9月には、オーストラリアの干ばつによる世界的な飼料穀物の供給悪化により、国際価格は、小麦と同様に急騰しました。
この価格急騰を受けて、予想以上に作付面積が増加したことから、トウモロコシ価格は2007年夏に一時下落したが、2007年9月に入ると、飼料用作物の供給悪化懸念や原油価格の高騰等を背景に値を上げ、2007年末から2008年初にかけて急騰しました。その後も、需要の拡大、作付面積減少の見込み等から、トウモロコシ価格は上昇し、2008年5月8日には、1ブッシェル=634.00セントに達して、史上最高値を更新しています。

(3) 大豆
大豆の国際価格である、シカゴ商品取引所の大豆相場は、2006年秋までは、潤沢な期末在庫を背景として比較的低水準で推移してきたが、2006年9月の小麦高騰を受けて、米国で小麦に作付け転換する農家が増え、大豆の作付面積が減少した結果上昇基調に転じました。
これ以降、トウモロコシ・小麦の作付面積拡大による大豆作付面積の減少、新興国(特に中国)の輸入拡大、バイオディーゼル原料需要の増加等を背景に、大豆価格は徐々に上昇し、2007年8月後半には、大豆の主要生産・輸出国である米国とブラジルの乾燥懸念から急騰しました。
その後も、原油価格の高騰、需要の拡大、作付面積減少の見込み等から、大豆価格は更に上昇し、2008年1月には、米国が大豆禁輸を発動した際(1973年6月)に記録した史上最高値(1ブッシェル(大豆の場合、約27.2155キログラム)=1290セント)を上回り、更に2008年3月3日には、1ブッシェル=1544.50セントに達して、史上最高値を更新しています。

(4)コメ
コメは、短期間での価格上昇が特に顕著です。コメの国際指標価格は、タイ(世界最大のコメ輸出国)の輸出価格です。当該価格は、2005年頃から上昇基調にあったが、2008年に入ってから一挙に急騰しました。タイ国貿易取引委員会が2008年5月21日に発表した輸出価格は、指標銘柄である精米100%グレードBで、1,038ドル/トンとなり、史上最高値を更新しました。2008年初頭の輸出価格は383ドル/トンであったため、5ヵ月半で2.71倍に上昇したことになります。
コメ価格急騰の理由としては、後述する①異常気象による減収②世界人口の増加③新興国での食料需要の急増④バイオエタノール原料向け需要の急増⑤巨額の投機資金の商品市場への流入の5つの主要な理由に加えて、コメ輸出国(ベトナム、インド)の輸出停止措置、サイクロンによるミャンマーの稲作地帯の被災、中国の四川大地震の発生等が挙げられています。

(5)原油
原油価格の高騰は、穀物輸送運賃や農業資材価格(肥料・包装資材等)の高騰を導き4、穀物価格高騰の影響を更に大きなものとしています。原油価格の上昇傾向は、2004年頃から明らかになり、2006年後半には一旦下落するものの、2007年からは再び騰勢を強め、2008年に1バレル(約159リットル)=100ドルを突破し、現在、史上最高水準で推移しています。国際的な指標価格である、ニューヨーク・マーカンタイル商業取引所(NYMEX)における米国産標準油種(ウエスト・テキサス・インターミディエート〔WTI〕)の期近物価格は、2008年5月22日に、1バレル=135.09ドルに達して、史上最高値を更新しました。
高騰の理由としては、米国・新興国(中国等)における石油需要の拡大、原油生産・供給余力の低下、産油国の政情不安、投機資金の流入等が指摘されています。
(続)


◎ジャンル別の人気サイトがすぐに見つかる人気サイトランキング◎
「世界裏戦略ニュース」の順位をチェックしよう!

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urasenryaku.blog47.fc2.com/tb.php/45-002c1b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。